FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのブログ更新

森の里病院の給食業務を開始して1週間が過ぎました。
まだまだ全く自分たちの理想とはかけ離れている・・・

まわすのに精一杯。

複雑な病状に合わせて、たくさんのメニューをこなすのはとても大変です。

開始して2日目に自分は決断しました。
自分はなるべく調理の現場に入るのはやめよう・・・と。
スタッフを信じて。

正直、畑は違えど現場でずっと過ごしてきた自分にとっては、ちょっと辛いのですが・・・
このまま自分もスタッフと一緒になってがむしゃらにやっていては、何も変えられない。変えられる視点を持てなくなる気がした。

だから3日目からはスタッフを信じ、出来るだけ見守るようにした。


ちょっと距離を置くと色んな事が見えてくる。

今のやり方は、基本的に前業者さんのやり方を踏襲させてもらっている。
とても合理化されているし、学ぶ事が多い反面。
どの料理にも特徴がない・と言うよりも、現状の多岐に渡るメニューと少ない人手で”おいしい”料理を作る。そんな時間もゆとりもない。

最も自分が感じるのは、くさい言い方だけど・・・”愛”がない。

限られた予算。これは最大の難関だけど・・・
お金がないなら知恵を出そう!!


今、少しずつ色々試案している。

守らなくてはならないこと。
覚えなくてはならないこと。
当然たくさんあるし、こなさなければならないけれど。

そして給食業務もカブトスカフェも。
今はスタッフへの負担が重いのも。

ネガティブな要素は数えきれないけれど・・・


それでも、俺達は希望に向かって。


前に進まなくてはならない。

頑張らないといけない時なんだ!と実感する日々を送っている。
























スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
きのうの朝、ホスピタルアートの先進国であるスウェーデンを女性の画家が訪問するという番組をやっていました。

給食も見た目がけっこう大切なのかもしれませんね。

いくらおいしくても、「いかにも病院食」という感じでは食欲がわかないような気がします。

患者さんの負担が軽くなるように、「病院・食・アート」をうまく融合させられるといいですね。
  • 無為徒食#-
  • URL
  • 2011.10.10(Mon)
  • Edit
頑張ってね。
  • jukiss#-
  • URL
  • 2011.10.10(Mon)
  • Edit
辰巳芳子さんをご存知?「いのちを支えるスープ」で有名な料理研究家。ご自身の料理研究の歩みから病院食への想い、人生哲学にいたるまで心が洗われるようなお話を(NHKで聞きました。)なさる方です。著書も沢山あります。あなたの今の悩み、迷いの解決の道筋を見つけられるかも知れません。ご参考まで。
  • ミッキーマウス#-
  • URL
  • 2011.10.15(Sat)
  • Edit

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Setsu

Author:Setsu
1975年東京生まれ。東京在住。
現在カブトズファクトリーの代表として、壁画をメインに様々な制作を行っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。