FC2ブログ

来月より変える!

事業を拡大する時、様々な弊害が起こります。
そして、”何かをしよう””変えよう!”とする時、きまって邪魔が入る。
そのほとんどが、「今までの常識」

現在、森の里病院での給食業務では、新旧のスタッフが入り交ざっている。
業務を開始して1カ月が経とうとしている。

正直最初は、今までのやり方を取り合えずやってみていた。

当然、何故こういうやり方なんだろう?という疑問は自分に限らず新スタッフは感じる場面が多々あるのです。
そして、その回答のほとんどが「そういう決まりなんです。」

って、それはいいんだけど・・・何故?が知りたいんだよ!みたいな事が多々ある。

当初は、知らないことだらけで、少々弱気にもなっていたが・・・
そういう疑問を少しずつ紐解いていくと、そんなに複雑でもない問題が多い。


いつも答えはシンプルなんだ。



長年同じ仕事に従事していると、いつの間にか仕事が自分中心に回り。
最もシンプルな疑問に対して誤魔化すようになる。


患者食に関しては、どうしても残食が目立つ。

料理を作る時や、盛り付ける時。グラム単位で気を配るのに・・・それが残ってたら全く意味がない。



この一カ月。たくさん注意や指摘を受け、当然守ってきたが・・・
一度たりとも
「こうやった方が美味しいですよ」ってセリフは聞いたことがない。

このままじゃいけない!って強く感じた。


本当は3カ月間位、我慢してもうちょっと慣れてから・・・徐々に変えていこう。なんて思っていたけど。
冗談じゃない。
そんなに待てない。


俺や主力が強気にならないでどうするんだ!
と強く感じる日々。


多少強引にでもやらないと、決して前には進まない。
だから、来月からメニューも管理栄養士Kさんに相談&協力してもらい、大幅に変更。

まずは野菜。今までは多くを冷凍に頼っていたけれど基本的に生野菜に変更。
その分、メニューはシンプルに。冷凍ではないだけで、かなりの手間がかかるので・・・

肉も信頼おける業者様より生肉を当日配送してもらう。
魚はちょっと生は厳しいかな・・・完全に予算をぶっ飛ぶ。


お皿も変える。
職員さんへの食事は、今までのメラミン食器を辞め、陶器の皿に変更!
患者さまの方は、近いうちに病院を交渉し、何とか新しいものに変更してもらえるように交渉中。


例えば、上記の陶器に変えるとう案件一つとっても・・・
今までの常識だと、割れやすいから。洗浄に手間がかかるから・・・云々の理由でストップがかかりそうになったが・・・
いつものごとく、デメリットの話ばかり・・・

変えることで、自分の居場所がなくなるとでも思っているのだろうか?





迷った時に、自分はいつも初志を思い出す。


美味しい方。
綺麗な方。
喜ぶ方。

そちらを選択することにしている。


コスト、手間はまずは2の次だ。
まずはサービスから入らなきゃ!


ついてこれな人は、辞めればよい。
退屈な業者は他にたくさんある。




進めるやつはガンガン進まないと・・・
残念ながら時代は悪い方へ悪い方へ動いている。

時代は大きく変わっているという認識をもち、働くこと生きることへの意識も変えられないものは、後に後悔することであろう。


変わるんじゃ面白くない。
変えなきゃ。





さてさてブログ(少ない頻度ですみません)の内容が最近は森の里病院給食のことばかりですね・・・

鵠沼海岸カブトスカフェも元気に営業中です。
実質カブトスカフェのシェフ三輪。
ホール代表者の永井。
特にこの二人は頑張ってくれている。
ありがとう!
他のスタッフももちろん。ありがとう!!



ここ乗り越えて・・・
踏ん張って・・・

2年以内に再展開だ!!










スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
たのもしいですね。
また、なにかお助けできることあれば連絡ください。
MBAの経営読んでるんですけど、理想と結果は一緒ではないと書いてありました。決定の前に、たとえ足を引っ張るような意見であっても、とりあえず無視せず、周囲の状況をみて、考えることは大事だと思います。
  • juki#-
  • URL
  • 2011.10.28(Fri)
  • Edit

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Setsu

Author:Setsu
1975年東京生まれ。東京在住。
現在カブトズファクトリーの代表として、壁画をメインに様々な制作を行っています。